ShimapMemo

ロードバイクに関する備忘録です。週末のための平日の過ごし方をより良くしてきたいです。

2017/02/11 朝練(荒川CRにて、2本立て)

<2017/02/11>
先週と打って変わって、気温が低かった。
が、練習が始まったら気にしていられない。


■メニュー(一部練)
荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■目標
平坦、付ききれないこと
3往復目までは脚を残した走りを意識すること
※若干弱気さが出ているか。

■振り返り
1-2からインターバル開始。
これは完全に読みを間違え、出鼻を挫かれてしまった。
何とか食らいつくも、胃の中から一瞬嫌な味のものがこみ上げてきた。

3-1ではアタックに反応できず、一瞬先頭の2名から20m近く差が付いてしまった。
そこは無理してブリッジすることなく、前方から落ちてきた人たちを拾いながら
なるだけペースを固定して追いつこうとした。
3-1からの折り返しで追いつくものの、ここからはもう相手にかき回される他ない。
3-2でアタックしたのは1~2回だったと思う。少ない。

■改善点
・人が嫌がるタイミングで動くこと
 しんどくなればなるほど、どうしても「楽したい、休みたい」という
 気持ちが前に出てくる。そんな時、相手から動かれると精神的にもくるので
 自分から動いた方が良いという、陸上部時代の話を思い出した。
 自分がしんどい時は相手もしんどいはずだろうし。

*****************

■2部練について
メニューは1部練と同じコースを2往復し、1往復目の復路からリアルスタート。

■振り返り
基本的に一定のペースで走行していた。
2-2の終盤で全体のペースを上げるものの、それほど引き離せずタレた。
瞬間的な加速力がまだまだ足りない。

■その他
今日は新ホイールのシェイクダウンの日でもあった。
ZONDAのハブを流用したカーボンチューブラーホイール。
したがって、F:ラジアル組、R:G3組となる。やはりG3組はかっこいいから好きだな。

スペック(概要)
重量:約1280g(バランス用重り含む)
リムハイト:38mm
リム幅:23c
使用タイヤ:Continental ATTACK & FORCE

使用していたキシエリSと比較すると、漕ぎ出しは軽く、
平坦の巡航時も多少脚は残ったという印象。
ダッシュ時の加速についてはもう少し色々試してみる必要がある。
登板にも使用して確かめたい。

*****

今日もありがとうございました。
明日もよろしくお願いします


f:id:shimap182:20170211163754j:plain

2017/02/05 朝練(彩湖)

2017/02/05
今週も彩湖での朝練に参加させていただく。
午後から雨予報だったが、朝は晴れ間もあって問題なく走れた。

■メニュー
土手上~土手下周回×6周(4周目、6周目にSPポイントあり)

■目標
仮想行田クリテということで、6周目までは千切れることなく付いていき、6周目の土手上で仕掛ける(先週と一緒か...)

■結果
割愛m(_ _)m

■振り返って
<全体的に>
今日も土手下への下り坂で取り残され、集団に追いつくまで一人で走ることが多く、脚を温存出来なかった。
ただ、これも練習練習。
シナリオ通りに行かなかった時のためのシナリオを考えておかないと。<1-3周目>
特別な展開はなく淡々と過ぎた印象。
ただし、3周目から土手下への下り坂手前で何やらやりそうな雰囲気を感じ取る。<4周目>
土手下への折り返し手前からペースがゆっくりとなり、色々と察した。しかも、自分がトレインの最後尾にいる時にである。...色々と察した。
これは前に上がりたいと思ったのだが、無理矢理位置を上げるのは危険行為なので堪えた。
堪えた結果、先頭のペースアップについて行けず、一人寂しく単独走をすることになった。<5周目>
4周目終わりから土手上への坂の手前で、一人飛び出しそれをdaiさんが追いかけるかたちに。

集団との人数差が圧倒していたので慌てず淡々と追走していく。土手上に上がって少ししたら吸収し、その後はペースアップ/ダウンを繰り返しつつこの周回は終わった。<6周目>
仕掛けようと機会をうかがっていたのだが、先頭交代したタイミングでは残りの距離がやや多めだったので一度見送り、途中で割り込ませていただいた。
2回目の先頭交代時、後ろをチラ見してアタックをした。daiさんが乗ってくれて2人で飛び出す形になった。
ただ、ここでギアの選択ミスをしており、イメージ通りに加速が出来なかった。
この結果、大して逃げられず(daiさんには申し訳ないな)、土手上の中で集団に吸収され、トレインの最後尾へと...

あ、これはまずい

4周目と同じ位置取りである。
こうなったらもう勝つのは非常に困難である。
土手下で、何とか先頭に追い付こうとするも、速度差があり過ぎて追い付けず。
後方の集団もバラバラとなり、1人でフィニッシュ。
んー、今回もやれませんでした。

■課題
ギアの選択ミスの影響が大きいことを実感。
作戦ミスも同時に起きていたかも。
10人以上に対して2人じゃ分が悪い。あと2人は欲しいところだな。
アタックをかけるところを変えてみるか?

次も色々と考えて試してみよう。

■その他
来週末、天気が怪しいと思ったら晴れそう?
ラッキー

*************************************

とにかく今日の練習も得るものがあって良かったです。
今日もありがとうございました。
またお願いします。

2017/02/04 朝練2本立て(荒川CRにて)

<2017/02/04>

何だか週末が過ぎる度に暖かくなっていっているような気がする。気のせいだな。


さて、今日も一部練と二部練の両方に参加しました。
...この1年通して身につけていきたいものが見つかったような気がしました。


■メニュー(一部練)
荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■目標
前回出来なかった「アタックには全て反応する」


■振り返り

先週よりマシに走れ、アタックにも(甘めに採点して)9割りは反応出来たかな。

相変わらずシッティングの加速の伸びはこれっぽっちしか無いが。


2往復が終わるまで、向かい風区間は皆抑え目だった一方、追い風区間はガツンと速度が上がる。

ここでジワジワ加速されて千切れかけそうになるが、何とか踏ん張る。

3-1から状況が変化し、アタックもこの辺から徐々に掛かってくる。

何回かmomozoさんが単独先行する形になった。k-monさんが単独で追走し、その後ろに集団で追い掛ける形になった。ここで、momozoさん、あるいはk-monさんに反応出来たら展開も変わって面白いんだろうな。


3-2に入り間もなく、またもやmomozoさんのアタック。

すかさずk-monさんが反応する。

自分はと言うと、集団の中で少しお見合いしてしまったが、ここは行かなきゃと判断し、k-monさんの後ろに入ったdaichiさんの後ろに付き、計4名が飛び出した。

4名のローテーションが一巡する頃にはこの4名での逃げが決まっていた。

そのまま工事区間を抜け、残り1km辺りで「どうやって勝つ?」と一言投げかけられた。

正直、この逃げは予想していなかった結果だったのでその場で考えるしかなかった。

結果的に出した答えが「ロングスパート」。

先頭交代のタイミングでアタックをかけ、勝負に出る。

スプリンターの2名から出来るだけ逃げたかったのだが、運良くdaichiさんのみでmomozoさんとk-monさんにはピタッと後ろにつかれる始末。

もう一度仕掛けるがスピード差もほとんどなくk-monさんにもツッコまれた(泣)

結局、momozoさんとk-monさんの先頭争いを後ろから見ながら3番手でゴール。


■改善点
・仕掛けられる回数が少ないので増やすこと

→非力な自分がスプリンターと対抗出来るのはこれじゃないかと、今日のアドバイスと練習中の「1回じゃ落ちないよ」とのコメントを受けて思った。

・背中の使い方をより良くする

→k-monさんから背中がちょっと使えるようになってるとのコメントをいただいたので今後も継続したい。

******************
■2部練について
メニューは1部練と同じコースを2往復し、1往復目の復路からリアルスタート。

今回はギア固定(52-14)


■振り返り
2往復目の復路終盤で自分が先頭に出たタイミングでシッティングのままペースアップ。
そろそろ交代したいなと後ろをチラ見すると「牽いて」とのオーダー。

これは行くしかないと切り替えて、行けるところまで牽いてスプリントには混ざらずに終了。


■課題
ギアが固定されているとトルクとケイデンスの両方を兼ね備えていないと辛いと実感した

******
今日もありがとうございました。
明日もよろしくお願いします

2017/01/29 朝練(彩湖)

2017/01/29
彩湖での朝練。
彩湖への移動中、昨日より若干寒く感じて、早速気が滅入る...

■メニュー
土手上~土手下周回×6周(4周回目、6周回目にSPポイントあり)

■目標
アタックがかかりだせば自分もアタックをかける
アタックがかからなかったら6周目まで温存し、最後に仕掛ける

■結果
割愛m(_ _)m

■振り返って
<全体的に>
平坦区間は速度の上げ下げはあまりなく、ここは問題なくやり過ごせた。
が、土手下への下り坂でガツンと強度が上がると、ジワジワと距離を離された。
次の土手上までには追い付くのだが、当然脚は削れるので疲れる...

<1-5周目>
前回の彩湖練とは異なり、ふるい落としのアタックもなく、気を付けるのは土手下への下り坂のみという感じだった。
後から聞くと、仮想行田クリテの走り方とのことで、それを聞いたら合点がいった。

<6周目>
土手下への下り坂直前に2名が飛び出す形になった。
自分は4番手で坂を下り、前の2名とは20-30m
であり、程なく吸収。
その後2番手と3番手の車間が近くなり、一瞬スピードが落ちた。自分も回避するべく、やや左側にラインを変えた。
すると、トレインから弾き出された形となり、タイミングが早過ぎると思ったが、残りおよそ500m地点からやぶれかぶれで仕掛けた。
気持ち長めに掛けたつもりだったが、2名にピタリとつかれて利用される形となり、残り3000m辺りで失速し、そのままフィニッシュ。

■課題
土手下への下り坂で、スピードに乗った状態からの加速がいまいち。どうやって鍛えたら良いのか?
あとは、アタック時の鋭い加速がまだまだ出来ないので並行して改善に向けて取り組んでいきたい。

■その他
昨日の結果を受け、サドル後退幅を5mm下げました。
今までより少しハムストリングを使えた気がしたので、今のポジションで経過観察してみよう。

さて、この後は地元の同級生のライブを観に行き、整骨院にてメンテナンスです。

********************************************

今日もありがとうございました。
またお願いします。

2017/01/28 朝練2本立て(荒川CRにて)

<2017/01/28>
今朝は温かく、指無しのグローブでも行けるんじゃないかと思ったが素直に指有りのやつにした。

さて、今日も一部練と二部練の2本立ての練習。
...ものすごく苦しかったです。

■メニュー(一部練)
荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■目標
アタックが掛かりだしたら、先頭交代の数だけアタックをする。

■振り返り
今月の練習で一番脚が回らないし踏めない日だった。
呼吸も人一倍荒かったと思う。
アタックには付いていけないことの方が多く、アタック無しなのに付き切れしかけることもしばしば...
3-2で逃げの2名を5名程で追う形に。
最終的に逃げに追い付き、その時点で自分は三番手。
ラスト200mあたりから早がけを試みるも最後はズブズブっと沈んでゴール。

3-1で「もっと苦しもう」と声を掛けられたのだが、苦しいなりにも最後まで千切れることなく帰って来れたのでそこは良しとしたい。

■課題
ハムストリングが使えてない気がした。
先頭交代時の空気抵抗を避けるために必然的に頭は下がり、身体は折りたたまれる。
その時に疲れやすい大腿四頭筋ばかりを使っているのではないか。
そんな仮説を検証するべく、サドルポジションを少し変えてみよう。

******************

■2部練について
メニューは1部練と同じコースを2往復し、1往復目の復路からリアルスタート。

■振り返り
2往復目の復路でペースアップ。
1部練同様、終始いいところがなく、発射台の役目も出来ずに終わる。

■課題
1部練に記載の通り。

■その他
練習後、初めて行った整骨院で骨盤の歪みを診てもらった(初診の方のみ無料とのことだったので)。
すると、骨盤の高さに左右差があることが判明。
前々から気になっていた脚の長さの左右差と結びついた。
ボディケアは大事ということなので練習と並行してこちらも改善したい。

******

今日もありがとうございました。
明日もよろしくお願いします

2016 浮城のまち行田クリテリウム第3戦(2017/1/22)

2017/01/22

行田クリテに参戦してきたので振り返ります。

 

■レース前

アップ中も気温が低く感じられ、スタート待機場所では歯をガチガチさせるほどだった(他のメンバーはそうでもない様子だったが)

 ■今日の目標

最終周までなるべく脚を使わず楽して走る

最終周まで脚が残っていれば飛び出す

■結果

最終周までなるべく脚を使わず楽して走る ⇒ ✕

最終周まで脚が残っていれば飛び出す ⇒ ✕

 

■レース中

<1周目~3周目>

第1戦と第2戦は前方に残ろうとする意識が強く、無理して脚を使ってしまったので今日はそれをせず、集団後方から前の様子を見ながら走ることにした。

が、それは間違いであった。

やはり、通り集団の後方になればなるほどコーナーの立ち上がりで脚を使う羽目になり、思いのほか脚を使ってしまった。

 

<4周目~6周目>

この辺りは通常ペースが落ち着く周回であり、集団中ほどであれば、スルスルっと前方に上がることができる。

また、今日の目標を考えると脚を温存したいところであったが、この時点でまだ位置が悪く、思うように前に上がれない&脚を残すこと出来ない。

 

<7周目~8周目(最終周)>

7周目終盤にようやく集団の前の方に上がることが出来た。

8周目に入った頃に、脚も若干回復していたようなので、2つ目の目標のために右側にラインを変えてヘアピンカーブを抜けた。

「そろそろいくか!」と思った時、よこからヌルヌルっと3~4名が上がってきた。そのまま上がれと思ったが、残念ながら上がる素振りを見せずこちらは完全に塞がれた形となってしまった。

ここで本日のレース終了である。

最後はスプリントっぽいことをしてフィニッシュ。

 ■レース後

目標を固めて臨んだレースであったが、セオリーを無視した結果、何の展開も作れず、絡めないレースになってしまった。反省である。

■次回に向けて

次回はいよいよラスト。

・前方での位置取りを貫く

・まだやったことがないorやれていないことを試す

*********

今回もお疲れ様でした。

また次回お願いします。

2017/01/21 朝練(荒川)

2017/01/21

荒川CRでの朝練。いつも通りに5時ちょっと過ぎに家を出る。

前日の夜の寒さに比べると温かい朝だった。と言っても、多くの人にとっては寒いのだろう。

今日も練習練習。 

■メニュー

荒川CR(片道およそ6km)の往復×3本

■目標

最後まで残る。

それだけ?という感じだが、今週はお尻がいたかったので、細かい筋トレはしていたが自転車的には月~水は完全休養で過ごし、木・金になってようやく乗れるような感じになったためである。

そして、今日はレース前ということもあり、強度も低めの内容になると聞いていたのでそこに甘えさせていただいた。

■結果

残れた。

スプリントには絡めなかったものの、3往復目の復路でじわじわ加速できスピードを上げることができた(LAPは正しく取れていない箇所があったので割愛)。

■振り返って

今回に限ってはアタックがかからない平和なトレーニングだった。

とは言え、無目的でやるのはもったいないなと感じた。

機会があったら、手持ちのパーツを組み合わせてより良い乗り方を探したり、普段やらないトップギア×低ケイデンス、ローギア×高ケイデンス等も試してみたい。

■課題

人気レースはすぐ定員が締め切るのでちゃんと時間を管理すること。

※今日の練習内容にはまったく関係ない

*********************************************

さて、明日は行田クリテ。

レッグウォーマーは必ず持ち物に入れておかないと(今度はアームウォーマーを忘れたりして…)。

 

今日もありがとうございました。

またお願いします。