ShimapMemo

ロードバイクに関する備忘録です。週末のための平日の過ごし方をより良くしてきたいです。

朝練(2016/08/11、物見山)

今日は有志で物見山の周回コースでのトレーニングにチャレンジした。

個人的には昨年12月に続き2回目の物見山。

その時のタイムは同行者が曰く「11'30"くらいでは?」とのこと。

 

■メニュー

小周回コース×4

1周回目はコースをおさらいするようにゆっくりとしたペースで走り、2周回目以降からペースアップして走る。

 

■参加メンバー

Dさん、KMNさん、NOさん、KNTRさん、shimapの5名

E1ライダーでしかもクライマーの方の走りを間近で見たいと思っていたので遅れることは避けたい。

 

1周回目:4.92km、10'03"、29.4km/h

よく見る「物見山」の石碑の前からスタートとし、ゴルフ場直後のトイレ前までのラップ。久々の物見山だったので登りがどんなものだったかを思い出すために走った。

ペースがペースだけに、登りでは遅れることなかった。

 

2周回目:5.46km、9'46"、33.6km/h

ゴルフ場の後のトイレからのラップ。

信号が全て青という、運に恵まれた結果出たタイム。

また、この周回から登り区間はKMNさんとshimapだけだった。

長柄練での登板トレーニングの成果もあり大きく遅れることはなかった。

 

3周回目:5.44km、10'11"、32.0km/h

信号にかかったものの10分台前半で通過することができた。

この周回が終わる頃、みんなを待つ間に、全く呼吸が乱れていないKMNさんに登板時に意識していることを訪ねてみた。回答を聞くと、今からでも取り入れられそうなことがあったので、次回の長柄練で実践してみたいと思う。

 

4周回目:5.47km、10'09"、32.3km/h

ここの登り区間でついに、クライマーのダンシングを見ることができた!

が、本当に見ているだけで面白い程あっという間に引き離され、何かをする間も与えられなかった。

 

■全体を振り返って

下りではペダリングせずに遅れることなく走れることをあらためて感じた。

機材のおかげか、それともフォームのおかげかはかわらないが、脚を休めるには有効であることには間違いない。

登り区間では、長柄練でのトレーニングをあったからこそ速く登れているので言うまでもない。

また、今回は途中脚に違和感を感じて本領発揮出来なかったメンバーもおり、自分の真の順位を把握することはできなかった。

が、登りでのコツや意識していることを聞けた上、目の前でクライマーの走りを見れたことは大きな収穫であった。

これからの自分に落とし込める部分は落としこんで、改善していきたい。

 

今日もお疲れ様でした。

ありがとうございました。