ShimapMemo

ロードバイクに関する備忘録です。週末のための平日の過ごし方をより良くしてきたいです。

アンカー日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル(2時間ソロ)

昨日のお話。2年連続、2回目の参加です。

www.cyclepark.jp

 

ちなみに、去年の記事はこちら。

shimap182.hatenablog.com

 

今年は2時間ソロにエントリーし、表彰台狙いで参戦。

今年はレース前夜まで雨が降り続いていたので、寒い中レースなのかなと思いきや、朝になれば雨は止んでおり、路面もほぼドライだった。

 チームからはmomozoさんが参戦。今年もご同乗させていただく。ありがとうございました。

そのmomozoさんとあわよくばワンツーフィニッシュを…と密かに思っていた。

が!

■リザルト

4位入賞(2:02'34"251,+0'12",Ave35.53km/h)

■ログ
2:02:31,75.19km,Ave36.8m/h,171bpm/90rpm,165W(NP193W)

 

さて、記憶の新しいうちに振り返っておかないと。f:id:shimap182:20170924211740j:plain

■振り返り

 <レース前>

昨年と変更になったコースと路面の状態を確認。

コースは9割がたドライで走るには申し分なかったが、向かい風が強かった。

3周回って試走は終わり。その足でスタート地点にバイクを置いてスタート時刻まで待機することに。

運営側による注意事項の説明などが終わるといよいよレーススタート。

 <スタート~30分>

ブリジストンのプロレーサーの先導の下、レース開始。コースの途中まではローリングスタート

リアルスタート後、ブリジストンの選手の真後ろにつく。特等席だ。

グングンスピードが上がる。

付き位置のためきつさはほぼ無かったが、コーナーが上手いのでちょっと離れるが、そこだけちょっと頑張るくらい。

特等席でプロライダーの走りを見ていたら、下りヘアピンの出口で落車が発生。

すると、ブリジストンの選手が確認のためか下がる。ここでブリジストントレインは30分となく終了。

<30分~60分>

ブリジストントレンのおかげで、この時点で集団はだいぶ減っていた印象。

先頭でローテーションをするメンバーも6~7名ほどでほぼ固定化されていたのでこのメンバーが最後までいくなという印象を受けた。

スタミナもまだまだ十分余裕があったのでまだまだこれからと思った矢先…

脚攣りの嫌な兆候が…

<60分から90分>

脚攣りとの戦い。ごまかしながら踏むも、コーナーの立ち上がりや上り坂で力を込めた時に、攣りやしないかとびびってしまう。

この辺りから2位でフィニッシュした選手が下りヘアピンの立ち上がりでめちゃくちゃ踏む。しきりに後ろを振り返っていたので、あの走りは絶対に脚を削りにきていた。

しかも、ローテーションメンバーが少なく、また同じ時間配分で牽くので先頭交代のタイミングがほぼ同じ場所でやってきていた。

そういうわけでこの地点では2位の選手が毎回ここにきていた。

「もうやめて」と思いつつ、平坦では脚を大きく動かして、特定の部位ばかり使わないことを意識し、何とか繋いだ。

この間にMag-onを1つ補給した。

<90分から120分>

最終局面。両脚の四頭筋、ハムストリングス、ふくらはぎはいつでも攣れる準備ができていたようで、まるでこめかみに銃口を突きつけられている気分だった。

ただ、ここまで来て千切れるのはもったいなさすぎるので、絶対走りきることに集中し、コーナーも慌てないようにこなすことをさらに意識した。もう1つMag-onを摂取。

残り2周回の時点で、先頭集団にいた方が上り坂後の立ち上がりでチェーン落ちとなり、残りは4名。

うち、1名は午前に既に3時間走っていた方。それだけに先頭集団にいることがすごいと思いつつ、負けられないという思いでくらいつく。 

最終周回の後半momozoがアタック。ついていったのは1名のみ。

自分は脚攣りのため、スピードを維持することしか出来ず、4番手で追うことになる。

結局そのまま順は変わらずフィニッシュ。

先頭集団にいたのにワンツーフィニッシュ決められず…

※ワンはきっちり獲っていただけに悔やまれる。

****

■気付いた点

・最近、身体の使い方が良くないのか。すぐに攣りそうになったり、

 脚が無くなるのが早くなってしまう。

 ログ上、負荷が高い長柄練でも脚攣りはほとんどない。

 ボトルも2本ほぼ飲み干したのでこれはレース当日というより、

 レース前の過ごし方に何かあるのか?

 今一度振り返っておかないと(実は、思い当たる点が1つある)。

・脚攣りでも何とか粘れる

 スタミナや心肺的な面はまだ余裕があったので良かった。

 心肺だけに心配な…ゴホンゴホン

・脚の使う部位

 色々考えさせられることもあったのでこれからのトレーニングで意識してみよう。

■心配点

左脚の四頭筋が筋肉痛とはまた違う痛みで痛む。

単に押すだけで痛いので今日は休んでしまったが、様子を見て明日もレストか…?

============

今日もありがとうございました。

またお願いします。

第65回秩父宮 DNF

今日は第65回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会に参加。

■クラス

上級

■リザルト

DNF

 

以降、レースの内容というより、今日は自分自身の改善点について。

レースの内容を期待している人には適さないかもしれないです…

 

■不甲斐ない点

その1:工業団地から見たミューズパークの位置と道のりを把握していなかった

工業団地に着いて、しばらく経ってからmomozoさんと登坂区間に向けて試走へ。

先日の落車の後、いきなりレースは精神的にも良くないと思っていたのでご同行して正解。実際に、レース中も心底恐怖を感じることは無かった。

が、その後、ミューズパークへ移動する頃になって準備に手間取っていると時間がどんどん過ぎていった。焦る×100。

距離的にはそんなでも無かったが、途中の坂とミューズパークに入ってからの登坂を甘く見ていた。

その2:お腹の準備不足

軽量化のほうではない。

秩父駅に着いて、ロッカーに受付でもらった荷物を預けようとした時に「固形物をお腹に入れたい」とふと思った。そうだ。ここへ来るまでにそこそこ走っている。しかし、持っていたのはゼリー1個分。

多分これもちゃんと持ってきてさえいればもう少し粘れたのではないかと思う。

その3:冷え対策不足

十分過ぎるアップを終えて、秩父駅に着いた後、スタートまで30分以上あった。

この間、荷物をロッカーに預けたこともあり、上に羽織るものもなく、濡れたままアームカバーも身に付けていた。

スタート直前になる頃には身体の震えが止まらなかった。

パレード走行が終わってからも身体はいっこうに温かくなることはなかった。

冷え対策が不十分だったか?

■結論

どれもこれも準備不足。ましてや、今回の距離のロードレースは初めてだったので準備はやり過ぎるくらいで良かったと反省。

■ちょこっとレース内容

2周目の登り(上級は、5.5週の0.5週に登坂が含まれるため3本目の登坂となる)のタイムを見た瞬間、終わりを悟る。

それ以降、いかに粘れるかを考えながら走っていたが、叶わず…

■終わりに

今日はチームから出走したのは総勢8名。

皆さん怪我なく無事に終わることができて良かったです。

また来週以降もレースはあるので今回のレースで心残りがある人(はい(;-o-)/)はそちらでも楽しみましょう。

最後に、送っていただいたゴウさん、お疲れの中、運転ありがとうございました。

************************

自分メモ(来年に向けて)

・朝食(レース3時間半前に摂取)

 おにぎり×2、ゼリー飲料×1

・レース前(レース30分前に摂取)

 ゼリー飲料×1

・ボトル×1

 CCD

 フルで走れていたら足りなかった

・シューズカバー

 履いておいたほうが良かった

・雨&冷え対策

 レインジェル&オイル(オールシーズン)

 →寒かった

秩父駅のロッカー

 使用率2割くらいだった。付き添いがいなくても何とかなりそう。

・工業団地からミューズパーク

 自走でも40分あれば着く。が、絶対に車で行きなさい。本当に。

 

悪あがき2(久々の外練)

今日は久々のチーム練に参加。

大々的な案内が無かったものの、蓋を開けてみればかなりの人数。

久々(と言っても2週間ぶりとかだが)にお会いする方もいて、いつも通りで良かった。

 

さて、練習スタート。

先発組と後発組に2チームに分かれて、いつものコース×2往復という内容。

先発組に入る。

みんなレース前だからそんなにペースは上がらないだろうと思いきや、そんなことは無く、個人的にレース前とは言えなかったので1往復でトレインから下がった。

 

2往復目は、後発組のさらに後ろで黙々と調整していたダイさんの付き位置に入り、色々なフォームを試したりした。

途中で加速したダイさんとは分かれて、後発組にドッキング。そのままフィニッシュ。

 

ギアを軽くしたり重くしたりして身体のどこにも違和感がないことを確認。

明日の悪あがき時間が少し伸ばせそうな気がする。

 

とは言え、明日は誰がどう見ても雨雨雨…

いつも以上に周りを観察し、個人的にも無理なく走ることを心掛けよう。

****************************************************************************************

それでは、明日のレースに参加される方はよろしくお願いします。

条件は皆さん同じなのでその中で精一杯楽しんで帰りましょう。

 

 

悪あがき

先週の出来事から1週間。

木曜日に10分だけインナーでクルクル回しただけのほぼ完全休養だった。

チームメイトのトレーニングログも見なかった。見ても何も出来ないので…

 

■色々不便だった先週

大人しく月曜日から病院のお世話になり、消毒の日々。かなり染みた(泣)

週の始めは右側をかばうために、左半分で椅子に座ったりしていた。電車では立ってばっかりだった。

これで身体がまた歪んだんじゃないかと思う。

右腕も包帯を巻かれたので曲げることができず、しばしの左手縛りの生活。ご飯が美味しくない。

打撲のせいか、右腕に力を入れると筋肉が痛んだ。買い物袋が持てない。非力が加速。

  

■現状

そんな状態ではあったが、擦過傷は8割ぐらい治り、もう左右のお尻で座れる(これが一番嬉しい)。

右利き生活にも戻り、筋肉の痛みを取れてきた。

 

■来週に向けて

そして今日(昨日?)から練習再開。

この間の首痛明け最初の練習より感触は良かったかな。

残り時間は少ないけど、ちょっとでもマシになるといいな。

秩父宮杯試走

今日はチーム練での秩父宮杯試走に出かける。

天気も最高で絶好のライド日和。

今日はダイさんの車に同乗させていただいた。ありがとうございました。

f:id:shimap182:20170903181227j:plain

 ■メニュー

周回コース×4.5周(坂5本、ラスト1週はフリーラン)

■メンバー

10名(momozoさん、ヤマモトさん、シゲタさん、ゴウさん、トダさん、ダイさん、コバヤシさん、キョウヘイさん、ヒラカタくん、自分)

■全体

2:14'05",63.79km,28.5km/h,135bpm/82rpm,126W(NP195)

■坂

割愛(思っていたより出ず…)

■振り返って

ほぼ1年ぶりのコースだったので色々と確かめるように走った。

登坂ではヘアピンのきつさや、なだらかになる所も踏まないといけない辛さを思い出す。

登り返しでは昨年遅れを取ったことも思い出す。 

それにしても、登坂もそうだが、今日は平坦がやたらときつく感じた。

きっと、無駄な加減速が多い走りをしたのだろう。

当日は集団の中にいると思うのでそんなに早く疲れるとは思わないが、温存できるよう気を付けたい。

また、路肩の凸凹にも意識を配りながら走る。下り坂でも見受けられたので集団の中にいる時は足元が見えにくいため、特に気を付けたい。

・フリーラン

ラストの登坂前のストレートから隊列を整え、フリーランへ。

事前にmomozoさんから提案もあり、本番のシミュレーションとして2グループに分けて行なった。

同グループのダイさんとコバヤシさんが先行したので、3番手だった自分はペースを落とし、間隔を広げ、2名には逃げてもらうことに。

一時は20秒ほど開いたが、残念ながら赤信号だったので停止することに。

集団はまとまったままラストの登坂へ。

ここで狙い通りの走りが出来ず、ひとかたまりのまま下りへ差し掛かる。

この下りで引き離さないとまずいと思い踏む。そのおかげか先頭に出るものの、砂利の上を通ってしまい、滑るように落車。リアから滑ったのを覚えている。

幸い止まったのが路肩の草が生い茂っている箇所だったので身体を強打することは無く、機材もほとんど問題無かった。が、擦過傷が痛む。

 ■今日の収穫

・下りは滅多なことがない限り攻めないこと

■今日失ったモノ

・ノー落車記録

・着用3回めくらいのチームワンピースジャージ

・今日の練習に対するチームのモチベーション

============

チームの皆さん、試走なのに無理してすみません。

キズの手当てもしていただいてありがとうございました。

自宅近くまで送っていただいてありがとうございました。

今日の落車を受けて、今後は身の丈にあった走り方をします。

早くキズを治して練習に参加したいと思います。

またお願いします。

尾根幹(2017/09/02)

今朝4時

ちょい過ぎに起床。自宅周辺は雨が止んでいたものの、練習場所は雨模様。

そして時間が過ぎても好転しなかったのでDNSさせていただいた。

こんな時はニドーネ…いやサンドーネ、ヨンd…

11時ちょい前にキョウヘイさんから「走りに行きませんか?」と連絡があったので二つ返事で行くことにした。先週末は外で走らなかったので久々の外練が明日となると精神衛生上良くないのでリハビリも兼ねることとした。

行き先は尾根幹。

■メニュー

R20経由で尾根幹まで。小山田周回を1周回して、R20を通るルート

■結果
2:33'05",66.52km,Ave26.1km/h,134bpm/82rpm,115W(NP188W)

■振り返り

今朝の雨が嘘のように晴れており、路面もほぼドライ。気温もそこまで高くない。

走りやすかった~。

行きは追い風だったので、少し踏んでみた。追い風もあったがまずまずの調子。

尾根幹までの間でキョウヘイさんのリクエストもあり、ちょっと道を逸れて400~600mの坂を何本か挟む。ここはちょっと頑張るイメージ。疲れた。

その後、小山田の周回コースを走って帰路へ。

帰りは向かい風だったので無理はしない(できなかった)。 

 

リハビリライドのつもりがちょっとやり過ぎた感が否めない。

明日はどうなるのだろうか…

============

キョウヘイさんお誘いありがとうございました。

またお願いします。

単なる日記(体調不良からの気分転換)

土日に更新してなかったので、珍しく平日に更新してみました。

 

~先週の月曜日から金曜日~

先週の月曜日にいきなり首の痛みを感じた。

一応自転車は乗れたのでローラーはやっていた。

その後、頭痛も徐々に感じるようになり、何だろうなと金曜日まで過ごす。

金曜日の午後、いてもたってもいられずようやく病院に行く。

 

診断結果は頚椎の炎症とのこと。

ということで、先週末はチーム練もお休みさせていただいた。

連絡をすると、皆さんからご心配の声が。ありがとうございます。

実は、身体も発熱の時のようにずっと寒気を感じていたし、ローラーの準備で少しかがんだ時に腰もちょっと痛めていた。

つまり、ここ最近で一番不調だった週末。食欲も落ち、晩御飯はおにぎり半分程度。

当然、金曜日もローラーは乗らず…

 

~土曜日~

汗だくの起床。ベッドの背中部分がびちゃびちゃになるほどの汗をかいた夢を見た。

昼にはようやく食欲が戻るが、身体が本調子でなかったので大人しく家で過ごす。

 

~日曜日~

嫌味のようなきれいな晴天。

脳裏には自転車ではしゃぐ大人たちの姿が浮かぶ。いいなぁ。

 

この日は既に身体もだいぶ調子が良く、首も腰の痛みもほとんど引いていた。

そんなわけで、日曜日を満喫することとした。

 

初めて入ったベトナム料理店でランチをした。

f:id:shimap182:20170830223223j:plain

ココナッツミルク(?)を使用した鶏肉のスープ(だったかな。少し辛みがある)

f:id:shimap182:20170830223228j:plain

ベトナム風おこわ(これも鶏肉)

f:id:shimap182:20170830223231j:plain

最後は、何かを使ったゼリーとベトナムコーヒー。ゼリーはシンプルだけど、甘すぎずオイシイ。コーヒーは若干甘みがあった。

 

この後、常連の飲み屋に足を運ぶ。

土日に近所でお祭りがあって、日曜日は15時頃からお店の手伝いをすることになっていた。

お手伝いと言っても、ドリンクを注いだり、調理済みのフードをパッキングするだけ。

自分を含めてお手伝いは3名(全員男でしたけどね)。

普段は3人とも客なのに今日だけはお店の人。変な感覚。

お祭りは17時頃から本格的に始まり、20時でフィナーレを迎える。

その間、たくさんのお客さんが出入りし、自分の注いだドリンクやよそったフードを買っていく。

どれくらい売ったかな。とにかく大きな問題もなく終わることができて一安心。

 

お手伝いが終わると、その店のオーナーが「飲んでいきなよ」と言ってくれたので、少し飲んだ。

 

最近、自転車漬けの週末だったので、こんな過ごし方はいつぶりくらいかなと思わず振り返ってしまった。

ほんと、そういう意味では良い気分転換にもなったし、実際、体調もすっかり良くなった。

 

~今週~

そんなこんなで月曜日からローラー活動を再開。

秩父宮杯の試走に行きました」というブログやTwitterも見受けられるようになり、今日はスタートリストも出た。

 

一旦落ちたパフォーマンス(と呼べるほど良い物ではない)を上げるのはまた大変なのだが、続ければ道は拓けると信じてコツコツとやっていこう。

身体ももう少し絞らないと…

 

今週末、天気もってくれよ。