読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ShimapMemo

ロードバイクに関する備忘録です。週末のための平日の過ごし方をより良くしてきたいと考えるIT系20代サラリーマンです。

サガン練(ずるいノーマーク男)

トレーニング

3/25(土)

サガン練。今日は先週宇都宮を走った選手たちも参加ということで、練習前から吐き気を我慢できるかどうか心配になる。

■メニュー(1部練)

荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■目標

アタック5回

■結果(1-1は除く)

47:15、29.35km、37.4km/h、81rpm、181bpm

■振り返り

今回は北からの風が強く、全体的にペースは下がったが、風の分、きつさは変わらない。

1-2からかかり始め、自分も目標に向けて早々に仕掛ける。

2-1に差し掛かった時、自分は二番手、先頭はTTバイクのmomozoさん。風向きは追い風・・・ゾッとしました。

千切れまいと食らいつき何とか次に繋げることができた。

その後、2-2は強風とアタックとの戦い。もちろん自分からも何度か仕掛ける。

3-1や3-2では千切れかかるも、工事区間でペースが緩む間に差を詰める等して何とか追いついた。

3-2の工事区間終わりの時点で先頭はmomozoさん、k-monさん、yamamotoさんの3名、少し間を空けて、Dさんと自分が走る。

なかなか差が埋まらないまま走っていたが、3名がスプリントのタイミングを見計らっていたのかその間に最後の高架下手前で追いつくことに成功。

前方はと言うとまだ動きがなかったのでここまでで自分も相当疲弊していたが、追いつかれる覚悟で5〜6mほど後ろから踏んでみた(この時点で3名からはノーマーク状態だったみたいです)。

そのまま逃げ切ることができた。

なお、アタックは4回止まりだったので目標達成にはならず。

■良かった点

・千切れなかったのは気持ちが強くなったから(かも)

・アタック時は体勢を低くし、上体が前のめりになりすぎないように意識したこと。

 →向かい風でも多少は良かった気がする(ぬるぬる~っとした加速でしたが…) 

・どれだけの速度差なら後ろに付かれないのかが、スプリント時に少しわかった。

■悪かった点

・追走の時、付き位置になることが多く、人任せの走りだった点

・ローテーションに参加していないのにスプリントに参加したこと

 →狙っていなかったのですが、端から見ると死んだふり作戦になっていたようです。

  すみません。ずるはせずにちゃんとします(真っ向勝負を挑むと勝てないのですがね・・・)。

■その他

と言いつつ、サガン練で1着で帰ってきたのは初めてだったので正直嬉しい。

*****************

今日もありがとうございました。

明日もよろしくお願いします。

f:id:shimap182:20170325152545j:plain

COLORs練(3/19)

トレーニング

3/19

今日もCOLORs練に参加させていただく。

■メニュー
土手上~土手下周回×6周(4周目、6周目にSPポイントあり)

■目標

SP1には参加せず、その流れで5周目から逃げる

■結果
44:43,29.1km,39.1km/h,168bpm/89rpm

■振り返って

スタート前の移動時に、GOさんに目標の内容を伝え、協力してもらうことに。

だが、2周目から早々に掛かりだしたので、やめましょと一言伝えた。

その後は淡々と消化していき、5周目、YMTさんの番手に付けた土手上でYMTさんがシッティングのままじわじわペースアップ。

それに千切れまいと何とか食い下がる。

気付いたら、2人だけ先行する形になりこのまま行けそうな気配で折り返す。

と、対向車が多かったのでスローダウンし、ここで吸収された。

対向車が見えてはいたのだが、熱くなりすぎると嫌なことにつながりかねないのでここは無理しないことになる。失礼しました。

6周目

土手上で再度アタック。YMTさんとケンタローさんが乗ってきてくれたので3名で行けるところまで行くことに。

ただ、もう終盤だったので自分の脚もあまり残っておらず、折り返す頃には吸収された。

SP2も参加できずゴール。

■課題

全体的にペースが速かったのか、アタックの数が少なかった。

こうなってしまってはフレッシュなスプリンターには勝つことが出来ないので自分からどんどん仕掛けないとと思った。

...他の選手の脚を削るために自分の脚も削るのは正しいのか?

という疑問は置いておいて、せっかくの練習、何でも良いから1つでも目的を持たないとと思う。

**************
今日もありがとうございました。
またお願いします。

サガン練(3/18)とSPEED PLAY

トレーニング

3/18(土)

今日もサガン練。

来週辺りにはサングラスのレンズも調光じゃなく、通常のものに変えられるか?

それくらい朝が早くなった。良いことだ。

 ■メニュー(1部練)

荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■目標

3-1まで脚を残し、3-2からこまめに仕掛ける

■結果

59:50、35.43km、35.5km/h、81rpm、159bpm

■振り返り

YMTさんが向かい風関係なしにガンガン牽くので脚を残す作戦は早々に断念。

しかし、3-2の先頭交代時のアタックで3名に絞ることが出来た。

きっと後続も同じようにキツかったはず。

そこをもう一段キツくできて良かった。

ただ、前に出ていたYMTさんとmomozoさんに食らいつくことが出来ず、追いついたSGTさんと一緒に追うが、なかなか差は縮まらず...

SGTさんに限界まで牽いていただいたのだが、順位は変わらず3番手でフィニッシュ。

■改善点

根本的にパワーの小ささが露呈した走りだった。追い風でも向かい風でも前との差を埋めるためにやたらと脚を使ってしまう。

やはり筋力アップか。

■2部練

丁寧な走りを心掛ける。

ペースの上下はあったものの概ね達成か。

*****************

それから、先週からペダルをSPD-SLからSPEED PLAYに変えました。

実走は今日が初だったが、感想としては

クリートキャッチが難しい

・逆にリリースは簡単

・両面キャッチ可能なのが嬉しい

また、SPD-SLに比べて

・踏める面積が広い

・スタックハイトが低く、ダイレクト感が増えた

感触がある。あくまでも個人の意見なので参考になるとは限らないが。

まだ調整の余地ありなので明日に向けてちょっといじります。

f:id:shimap182:20170320123435j:plain

 

今日もありがとうございました。

またお願いします。

春のとりでクリテ

レース

今日はチャレンジリーグ17の一つである「とりでクリテ」に参加した。

Guideline | チャレンジリーグ17

クラスはエリート。総勢27名でのスタート。結果は12位。

まず当初の目標であった完走は達成した。

簡単にレースを振り返る。

■コース

当日までに人づてやブログ等を参考に「幅が狭い、コーナーがきつい、砂で覆われている」という3本立てであることは把握していた。

行ってみるとまさにそれだった。

初見で転ばなかった自分を褒めたい。

■レース

レースではなく練習の位置づけとしてのこのレース。どうせキツくなることはわかっていた。

ただ、同クラスにはmomozoさんが出場されていたので心強かった。とは言え、朝すでにレース1本終えての参戦。頭が上がりません。

レース開始後、全17周回のうち、三分の一くらいで集団から千切れてしまった。

他にも数名選手が近くにいたので何となくローテーションをして追走する形に。

その後、先頭集団のペースが若干緩み、その間にmomozoさんが先頭集団にブリッジ成功。自分は追走集団の後ろ側に位置していたため、思うように前に出れなかった。

それからしばらく追走集団でローテーションを行い、16周目のバックストレートでペースアップ。それまで一緒だった選手を一旦置いていく形になり、そのままいけるかどうかわからなかったが踏んでみた。

17周目に入ったところでmomozoさんに追いつかれるものの、最後まできちんと出し切って終わることができて良かった。怪我が無かったので一安心である。

■その他

レッグウォーマーやアームウォーマーは不要なくらいの暖かさだった。

ただ、レース中は風向きや風速がころころ変わって走りにくかった。

とにかく、今日も色んな選手と走ることができて良かった。

f:id:shimap182:20170311202742j:plain

*************************************

今日もありがとうございました。

また明日お願いします。

 

朝練(彩湖)

トレーニング

今日も彩湖での朝練に参加させていただく。
8時スタートならアップオイルも要らない気温になってきた。

■メニュー
土手上~土手下周回×6周(4周目、6周目にSPポイントあり)

■目標
昨日と同じくアタック5回

■結果
45:46,28.9km,37.9km/h,164bpm,95rpm

■振り返って
アタックの回数は5回に満たなかったが、4周目の土手上終盤から少しだけ逃げる事が出来た。
何回か後ろを振り返って差があまり埋まる様子も無かったので、これは!と思ってたら超特急にぶち抜かれ...
追い抜きざまにちらっと見られたが、乗れるだけの脚は残ってなかった。残念。

6周目のSPも3番手で土手下に降りたのだが、かなり手前から抜け出してしまい、結局捕まる。
自分から仕掛けるのは大事だけど、位置取りとタイミングも含めて考えられるようにならないとだめだな…
そして、最後の最後にピンクのお方の前でフィニッシュ!
と思いきや、脚を緩めたところを先行されました。
油断大敵である。

■課題
強度高めで長時間走れないこと
→練習メニューを変えてみよう。

■その他
練習後に予定通り出社して、ちょこっと作業をして帰る。

*************

今日もありがとうございました。
またお願いします。

朝練(荒川CR)

トレーニング

3/4(土)

もう3月か。はや。

今日のサガン練。

 ■メニュー(一部練)

荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■目標

自分からアタックを5回かける

■結果

1'00:12、35.55km、35.4km/h、83rpm、158bpm

■振り返り

実際に自分からかけられたのは5回前後だったと思う。

今日は1-2の終盤からかかりだしたので「今日はそんな日なのね」と思い、序盤は耐える時間が長く感じた。

その後もアタックがたくさんかかっており、速度のグラフを見るとギザギザが多かった。

当然辛かったけれど、そんな時は相手も辛いだろうし、むしろそこで頑張らないと勝てないと思う。

3-2の後半、どこまでいけるかを試すために早がけをしたが、最後の高架をくぐったらどんどん抜かれた。そううまくはいかず、スプリントもできずに終わった。

■改善点

アタックの加速がまだ付いていけると教えていただいた。

反対に、回数を多くやられると付いていけるかどうか分からないとのこと。フムフム。

やはりそこかと思うような指摘だった。ありがとうございます。

■二部練

丁寧なローテーションを心掛けて走行。

最後の最後にアタックを入れ、刺激を入れるものの最後まで持たず終了。

同じ展開で終わってしまいました。

*****************

f:id:shimap182:20170304180945j:plain

ホイールをアルミクリンチャーに戻したらやはり重いなと感じた。

明日はチューブラーに戻そ(笑)

今日もありがとうございました。

明日もよろしくお願いします。

サイクルチャレンジカップ藤沢

レース

2/26の昨日、サイクルチャレンジカップ藤沢にソロの部で参加してきました。

POWER SPORTS | パワースポーツ「サイクルチャレンジカップ藤沢」

 

参加したのはソロ5名、2名チーム×2の計9名。

 3時間なんて走れるのかしらという気持ちがあったが、チームメンバーも多いので心強い。怪我なく楽しみつつ、入賞狙いで臨む。

■リザルト(速報版)

24周 2'50:37 第5位

■コースについて

試走は無しのためローリングスタート時にチームメンバーとコースを観察。

直角コーナーが随所に散りばめられ、上り坂と下り坂も複数箇所存在し、位置取りが悪ければズブズブっと後退するようなそんなコース。言い換えればアップダウン付きのクリテリウム

位置取りとテクニックが重要になるというのと、短いとは言え、上り坂もあるので後半へのダメージが心配だった(結果的に約850m登りました(GARMIN調べ))。

■レース展開

最初の一周目はローリングスタート

しかし、その終盤で落車。

走行レーンとピットレーンを分けるためのコーンが見辛いところにあり、それに気付くのが遅れた選手がコーンに激突。チームメンバーも巻き込まれてしまった。

その後、リアルスタートとなり、淡々とレースは進行。

1時間を過ぎて間もなく、チーム組の交代も終わり、ほどなくして合流。

ここからだと思ったのも束の間、下り坂直後の直角コーナーで、フレッシュなチームメンバーが前走者の落車に巻き込まれてしまった(幸い、身体とバイクは無事だったとのこと)。

2時間を過ぎた辺りから徐々に疲労感が出て来る。

心肺は大丈夫だったが、脚がどんどん削れてくる。補給するタイミングが遅かったのか不明だが、残りおよそ1時間が長く感じてしまうほどだった。

終盤になるとラップタイムも落ち始め、その後の周回で先頭集団から離れてしまったが、途中でチームメンバーのY本さんがいたので合流し、長いこと牽いていただいた。ありがとうございました。

その後、何とか先行していたメンバーに追いついたものの、もう脚が完売していたので何もできずそのままフィニッシュ。

■感想

3時間は長かった。我慢の時間が長かった。

でも、冬場のトレーニングという意味では、行田クリテとはまた違った力試しができるので、その点は良いと思った。

■その他

最終ラップで「2対1」の数的優位の場面が訪れた。これは先日の練習と同じ状況だ。その時に「この状況でどうやって勝つか?〜考えないといけない」と教わったばかりだ。

まさかこんなに早くその時と同じ状況が再現するとは思ってもみなかった。

しかし、アタック出来るかと聞かれたのにアタック出来ないと答えるしかなく、悔しかった。

そんな状況でも「行けます」と言えるくらい心身ともに強くなりたい。

ただ、レース終盤のギリギリの状態で考えることを実感することができて良かった。


最後に、今回のレースではチームメンバーが大きな怪我もなく、無事に走り終えることができて良かったです。

皆さん、ありがとうございました。

またお願いします。

 f:id:shimap182:20170227140929j:plain