ShimapMemo

ロードバイクに関する備忘録です。週末のための平日の過ごし方をより良くしてきたいです。

COLORS練(2017/07/23)

7/23の話。久々にCOLORSさんの練習会に参加させていただいた。

前回彩湖を走ったのは3月だろうか。

その間のトレーニングの成果が発揮できるといいなと思い臨みました。

■メニュー

彩湖土手6周回(4周回目、6周回目にSPあり)

■メンバー

10名はいた

■結果
44:29,29.05km,Ave39.2km/h,165bpm/89rpm

■振り返り

この日の風は土手上が追い風、土手下が向かい風でどちらも強かった。

1周目はアップに近い感覚で気負わずに淡々と進む。

「かかりだすのは3周回目からかな」と思っていたら、2周目土手上でキョウヘイさんがじわじわペースアップ。すると、キョウヘイさんのシゲタさんがガツンと上げる。

シゲタさんの番手だった自分は「もう始まったのか」と心の中で思ったが、ここで千切れるわけにはいかないのでシゲタさんがシッティングに切り替えるまでダンシングすることに。しんどかった…

ちなみに、この時、瞬間的に57.8km/hを記録。この日の最高速度がここでした(えっ)

その後、ペースの上がり下がりも特に無いまま進み、4周回目へ。

土手上に上がる手前で3番手に着いたので坂でアタックし、ここから行けるところまで逃げることにした。

土手上をおよそ2分半単独で走ったところでブリッジしてきたダイさんと合流…したかったが、脚にきていたので付けず。

思いがけず、前に他の練習会のトレインがいたので減速することに。ここでドッキング。ちょっとかっこ悪い。

土手下でダイさんと協力してSPを目指すも、追走がじわじわ詰めてきて、そこから発射されたシゲタさんがSPをゲット。

5週目に入り一呼吸付いている間に、シトウさんとキョウヘイさんが逃げる形になった。

そこから、5人で追走するもなかなか差が埋められず、1人また1人と消えていき、最終的に3名で追走するも結局捕らえることができなかった。残念。

■今日の収穫

・ふくらはぎ使えてなくね?

→録画していただいた映像を観ると、ペダリングの時にふくらはぎを使えていないように見えた。ある人はボコッと盛り上げっているのに、自分は何も変化が無いように見えた。ちょっと意識してみようかな。

・逃げを決めるにはまだまだ持久力が足りなくね?

→土手の折り返しまでもたないので練習メニューを考え直してみよう。

■その他

練習後、いつもの所に集まり、秋のレースに向けた練習について話した。

ある人は登坂の練習をしなきゃ、またある人は身体を絞らなきゃ…等など。

みんな夏休みの宿題を控えている。もちろん、自分もそのうちの1人。

この8月、9月で何か1つでも苦手を克服したい。

 

============

今日もありがとうございました。

またお願いします。

サガン練(2017/07/22)

昨日のサガン練。

先々週はそでがうら、先週は群馬CSCとレースが続いていたので強度が抑え気味だった。しかし昨日はレースも控えていないので無いので絶対にかかると思っていた。

また、この日は風も強く吹いていたのでハードな練習になるだろうなと思わざるを得なかった。

■メニュー

荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■メンバー

momozoさん、シゲタさん、ヤマモトさん、ダイさん、ナオさん、キョウヘイさん、イマニシくん、ヒラガタくん、自分の9名。

■結果(1-1は除く)
42:26,29.05km,Ave41.1km/h,181bpm/90rpm,217W(NP234W)

■振り返り

リアルスタート後、早々にmomozoさんが仕掛けた。

追い風区間ということもあり、トレインの巡航速度は高め。

途中に再度、momozoさんのアタック。これに反応したのはヤマモトさんのみ。

少し差がついた。ここから2名が逃げる。

2-1

適度に距離を保ちつつ、逃げの2名の脚を削るよう追走集団は進む。

半分手前くらいに差し掛かると、徐々に逃げとの差が詰まりだす。

この時「今仕掛けたらキマりますよ」という囁きが…はい、仕掛けました。

でも、このアタックでも少し飛び出しただけ。向かい風も相まって特に展開を変えるような走りはできなかった。

2-2

ここもアタックは何度かあり、ペースのアップダウンが激しかった。

グラフも割りとギザギザしている。

3-1

自分はなるべくローテーションを早く交代させていただき、脚を温存していこうと考えていた時間帯。

ここまででかかりまくっていたせいか、若干穏やかになっていた(グラフ上も、平均速度が低めだった)。

と、終盤でヤマモトさんの番手を走っていたところ、何やらシッティングのまま急加速。まずいと思って回すも、若干離れてしまい、次のイマニシ君にバトンタッチ。すみませんでした。その後集団は落ち着いたまま3-2へ。

3-2

ここも削り合い。自分も意識して先頭交代のタイミングで2回に1回くらい、アタックを試す(正確な数は覚えていないが、感覚的にそれくらいだったかな)。

旧オアシスゾーンの手前でアタックした時、ぬるっと加速になってしまい、ペースアップした集団のトレインに合流できなかった。自分で上げときながら恥ずかしい。

その後、集団を1人で追いかけることに。追いつくまでの間「あ、いない」と集団には思われたと思うが、幸い見えるところにいたのとペースが(恐らく)一定だったので何とか追いつくことができた。ラッキー。

トレイン最後尾から入り、ローテーションをしつつ脚を休めていたら牽制が入ったのか若干ペースが緩んだのでからトレインと反対側のラインから加速してみた。すると、見送られたのか1人で走ることに。

2分ほど1人で走った後、集団に吸収された。スプリントに参加する余力もなく、そのままゴール。

■今日の収穫

・3-2までに短いながらもアタックを複数回入れることができた

・良いタイミングでの逃げが行えた 

■その他

この日のサガン練でNPを更新。頑張っていたんだなとあらためて気付く。

数値が味方に思えた。その後、二部練を終えて帰宅。

二部練ではイマニシ君にアドバイスをもらった。自分が考えていなかったことについて、第三者の貴重な意見なのでありがたい。

============

今日もありがとうございました。

またお願いします。

初・群馬サイクルスポーツセンター

7/16、Facebookを通じて知ったイベント「CycleClub.jp Race&Ride」に参加することになり、チームからはmomozoさん、シゲタさん、ゴウさん、ヒラカタくん、自分の5名が参加。

自分はmomozoさんの車に同乗させていただいた。深夜からありがとうございます。

 

今回のコースはご存知の方も多い「群馬サイクルスポーツセンター(通称:群馬CSC)」。実業団やJプロツアーのレースでも使用することがあるコース(詳細は割愛)。

今までに走ったことがなかったので走ってみたいというのが今回の動機の1つ。

さて、レースはというと…

■出場クラス

一般クラス(6km/周×5)

■リザルト

49:05,29.78km,36.4km/h,170bpm/93rpm(Garmin調べ)

7位/100人くらい(シゲタさん目視調べ)

■目標

1周目の坂でアタックをし、逃げられるところまで逃げる。

■振り返り

・1周目

スタート形式はローリングスタート

それまでの間は集団の先頭に位置し、なるべく位置を下げないようにした。

ちゃんと後ろにチームメイトが来ていることも確認して淡々と進む。

ローリング解除は右ヘアピンカーブまで。リアルスタートの合図で加速する。

皆さん元気が良い。置いていかれまいとなるべく前目に張り付く。

1つ目の登り返しで何となく前へ出てしまい、なぜかここから1人旅になってしまった。

想定より出るタイミングが早かったけど、モトのカメラを独占できるのでオイシイ(笑)

そのまま一人で俗称「心臓破りの坂」へ。

ここまででちょっと無理していたので上げすぎないように登坂をする。

登りきる前の右コーナーで「行こう!」と声が聞こえたので振り返るとそこにはmomozoさん。

2人でどこまでいけるか試してみることに。

モトをどかしながら下りペースを落とさないようペダルを回す。

しかし、バックストレート(?)まで来る頃には集団に吸収された。

逃げれたのは短かったけど、この周が一番楽しかった。つまり…

・2~5周目

1周目に目立った代償としてちょっと疲れた。集団中ほどで休んでいたら、2周目の登坂で位置取りを間違え先頭集団との差が出来たこと。

この後はこのギャップを埋めるために走ったと言っても過言ではない。きつかった。

途中、何人かとローテしてペースを落とさないように意識して走っていると、ようやく5周目のバックストレートでmomozoさん含む集団に追いつくことができた。

そのまま最後の緩やかな左カーブへ差し掛かるとなぜかペースが緩む。

みんな疲れが来ているのか?前方にゆっくり走っていた方がいたから減速したのか?と思っていたがそれは間違いで、結局スプリントになってしまった。

「おう、そうか。これは最終ラップだったわ」と思ったのも時既に遅し。

小集団後方からスプリントを開始し、何名かパスできたけれど、それ以上は上がらず最終的にはmomozoさん、とある選手、自分の順番となり、シゲタさんの目視では自分は7位くらいとのこと。

 ■レースを終えて

初めての群馬CSCは面白いコースレイアウトだった。これで結果がついてくればもっと楽しいはずだったのに。

また、EやPの選手と同じコースを走ったので自分の実力が分かったのも収穫の1つ。

さらに、遠方でのレースだったので地元の選手や日本海側の選手と走ることもできて、実力者の多いことを実感。まだまだです。

ただ、良い発見だけではなかった。

坂で遅れ、平坦も差を埋めるまでに相当時間がかかり、ラストのスプリントも振るわず…

自分のキャラ(あえて脚質とは言わない)が定まっておらず、未だに武器がない。

こんな状態でレースで勝てるのかなと、珍しくセンチメンタルになってしまった。

秋に向けてちゃんとテーマを設定して取り組んでいかないと勝てそうにないな。

■その他メモ

2:30 集合

5:00 現地到着

7:32 レーススタート

8:21 レースフィニッシュ

11:15 帰京

11:31 帰宅

f:id:shimap182:20170717214041j:plain

=================

レースに出られた皆さんお疲れ様でした。

またお願いします。

サガン練(2017/07/15)

三連休初日の今日。朝から良い天気で絶好のスタートを迎えた。

ただ晴れた分、暑いということ。水分補給が大切な時期。気を付けましょう。

■メニュー

荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■メンバー

momozoさん、シゲタさん、ヤマモトさん、ダイさん、ノグチさん、クモンさん、イマニシくん、ヒラガタくん、自分の9名。

■結果(1-1は除く)
42:06,29.14km,Ave41.6km/h,170bpm/90rpm,201W(NP221W)

■振り返り

明日のレースなのでアタックは無し。先週と同じくらい。

なので途中から「無理をせずいかに温存できるか」という目標にシフト。

一箇所だけ追い風区間でのペースアップで踏ん張る場面が出来てしまった。

ここは単純にパワーが足りなかった部分。夏の目標にしよう。

その後、3-2の高架下のアタックに反応が遅れ、スプリントに絡めず。

でも、明日レースなのでこれでいいかな...なんてちょっと甘めの評価。

■その他

今日は昼間本当に暑かった。明日はどうなることやら。

ただ、明日のコースは初めてなので楽しみな気持ちの方が強い。

と、それをやるには今夜は早めに寝ないと...いつも寝る時間じゃないので寝れるのか…

============

今日もありがとうございました。

よろしくお願いします。

そでがうらサイクルロードフェスタ(エリート、7位)

昨日(7/9)、千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催された「そでがうらサマーサイクルロードフェスタ」に参加してきたので振り返っておきます。

当日はチームメイトのゴウさんの運転で現地まで連れて行っていただきました。

ありがとうございました。

今回はロードレース以外にグランプリとやらに出場したが、それは割愛する。

さて、振り返ります。変わったことをしたので少し長めですm(__)m

■出場クラス

エリート(2.4km/周×10周)

このクラスにはチームからmomozoさん、シゲタさん、トダさん、ゴウさん、ヤマモトさん、自分が参加。

 ■リザルト

7位/28人中

公式タイム:33'45"833,Ave42.64km/h

GARMIN調べ:33'36”,23.67km,42.3km/h,175bpm/98rpm

 ■レース前

この日はかなり気温が高く、準備の時点でスイッチがOFFになりそうだった。

会場入りする前に立ち寄ったコンビニで合計4リットルのドリンクを準備したのだが、帰る頃にはほぼなくなっていた。それほど暑かった。

そんなわけでアップはほどほどにして準備をしながら出番を待つ。

今回夏の暑さ対策で用意しておいたイナーメアップオイル(サマー)を身体に塗り込んだ。効果のほどはよくわからないが、首筋に塗り込むとスースーした。

■レースでの目標

他チームの強力スプリンターを撃破すべくチームトレインを組んでスプリントに臨む。

自分はそのトレインの先頭として、良い位置を保ちつつ、チームメイトの様子も確認しながら巡航速度を落とさないこと。これが簡単なようで難しい。

そんな目標を掲げ、いよいよスタート。

■レース

・序盤

自分は最後の1~2周が本番なので「そこまでは温存」と決め込んで走っていた。

そのおかげかそこまで脚を消耗することはなくレースは進んだ。 

ただ、周りもそうなのか結構密集していたので位置取りはそれなりに気を遣った。

またこの序盤(2~3周目くらい)でコーナーが上手い人を探してその人の近くを走り、フォームをよく観察して真似ることを意識していた。

・中盤

単発のアタックが何度か見られたが、協調する選手もおらずほどなくして吸収。

これを何度か繰り返す。

それ以外ではペースもやや落ち着いており、自分は集団の中で引き続き脚を温存することを心がけた。

そのおかげか、集団中程にいると最初のきついコーナーの後の短い登り返しでどうしても縦長の集団になるのだが、不思議とそこまできつくなく温存できていることを実感した。

ここにきて「やるぞ」という気持ちがさらに高まる。そしてレースは終盤へ。

・終盤

8周目を7位で通過し9周目へ。事前に打合せをしていた展開になってきた。

ここから位置を上げてチームメイトと合流しそのまま最終ラップへ…と行きたかったのだが、9周目を終える頃に集団の中心に位置してしまった。

その外側右側よりチームメイトのトレインが上がってくる。このトレインに乗るよう声を掛けられたが塞がれており出られなかった。思わず「すみません」と声が出た。

が、脚はまだ余力があったのでこれは前に出られると思い、最初の登りで踏み、何とか先頭へ。

登り終える頃には集団の前方へ上がり、先頭のヤマモトさんを追い越す。

と思いきや、前方に逃げが2名発生していた。それでもこのままいけばまだ追いつけそうな予感がした。

とその時、逃げ2名のうち1名が落車。そこへ自分が差し掛かる。

多重事故を起こしては元も子もないので選手にもバイクにもぶつからないよう慎重に、かつ速度をなるべく落とさないようにクリア。転がり続けるサングラスも踏まないように冷静にクリア(サングラス高いもんね)。その後落車した選手は擦過傷だけで問題なさそうに見えた。無事で何より。

そのまま短い登り返しを過ぎて逃げの1名を吸収した後、さすがにここからは最後までいけないので次のトダさんにバトンタッチ。

その後すかさずトレインに戻り、ヤマモトさんの後ろに入る。

トダさんの牽引の後、ヤマモトさんに力強く引っ張っていただく。

最終コーナー立ち上がりでヤマモトさんと交代し、ここで自分がもうひと踏ん張り。

意外と発射台っぽくなっただろうか。ログを見るにケイデンスもそこそこ出ており、割りと加速も出来ていたと思う。

そして、momozoさんのスプリントをちら見しつつ、自分も出し切るため回す。

「3位…4位…5位...6、よっしゃ、入賞おおお、 お!?クッソ~」という形で7位でフィニッシュ。

■反省点

脚のマネジメントもうまくできた。

位置を上げたいところで上げることもできたし、最後の発射台も速度を保つことができた。というわけで、甘々の評価に。

が、9周目ぐらいでズブズブっと後退した時はチームメイトを不安にさせたかもしれないのでそこは反省です。

■最後に

チームトレインを形成し、スプリンターを発射する。

プロのロードレースではお馴染みの光景ではあるが、それを自分たちがやる、やれるとは思っていなかった。それをある程度形にすることが出来てとても楽しかった。

■余談

グランプリ予選でチームTT状態だったのがすごく新鮮で面白くてこれまた楽しかった。

また表彰台に登ったり、入賞したりしたチームメイトもいて今回かなり目立ったと思うニヤリ

本当に楽しかった。

■食事メモ(食べ過ぎ)

<朝>

つぶあんぱん

<グランプリ予選前>

ゼリー×1

<エリート前>

ゼリー×1、羊羹×1、2RUN×1

<グランプリ決勝前>

ゼリー×2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レースに出られた皆さん、お疲れ様でした。

暑さや疲労があると思うのでケアはしっかりと行って下さい。

またお願いします。

 

サガン練(2017/07/08)

今日のサガン

■メニュー

荒川CR3往復(1-1はアップ、1-2よりリアルスタート)

■メンバー

momozoさん、シゲタさん、ヤマモトさん、ナオさん、ダイさん、キョウヘイさん、自分の7名。

■結果(1-1は除く)
43:06,29.17km,Ave40.6km/h,171bpm/94rpm,200W(NP220W)

■振り返り

明日のそでがうらに備えてアタックは無し。そのため強度は低め。

1-1でmomozoさんより「最後はトレインを組んでスプリントまでもっていくイメージで」と説明を受けた。

自分のお仕事が始める地点を1-2や2-2で確認した。

で、3-2。

開始早々トレインを作る動きをし、やがて形成される。その後、早めのローテを心がけ、自分の番が迫る…

結果から言うと早めにかけすぎたせいで目標地点まで牽けなかった。申し訳ございません。

ただ、レースは他の選手やらチームメイト調子やら自分の調子やらと他の要因がたくさんあるので今日の練習は明日のイメージ作りとしてはとても参考になった。

■その他

明日はもう誰がなんと言おうと晴れだな。そして暑くなりそう。

アツい走りを出来れば良いのだが。 

============

今日もありがとうございました。

明日出撃する皆さん、レース楽しみましょう。

よろしくお願いします。

2017長柄練(第7回)

7/2の長柄練。

前日のチーム練がお休みだったので脚は少し元気。

天気も何とかもち楽しい練習となった。

 ■メニュー

周回コース×4周+フリーラン×1.5周

■メンバー

8名(momozoさん、ヤマモトさん、シゲタさん、トダさん、ゴウさん、ナカヤさん、ヒラガタくん、自分)

■全体タイム

2:14'00",72.71km,32.6km/h,153bpm/84rpm,148W(NP214)

■ねずみ坂

1本目:3’02”,167bpm/90rpm

2本目:2’34”,181bpm/90rpm

3本目:2’33”,179bpm/81rpm

4本目:2’39”,182bpm/76rpm

■振り返って

・ねずみ坂

今日は2本目と4本目を先頭で登坂。

1本目のアップを除く登坂はほぼほぼ6倍近い強度で登れた。4本目が若干タイムが下がっているが、それはきっと向かい風のせいだろう。

ケイデンスが下がっている登坂はダンシングを使用した登坂。

登坂のスタイルについてはまだまだ模索中である。最近の傾向としてはシッティングのまま登った方が感覚的に良さそうな気がする。

・フリーラン

1周目開始直後、自分が先頭に変わった時に後続がスローペースになったので抜け出す形になった。

泳がされているなと思いながら数分走っていると、ヤマモトさんが合流。というわけで2人で行ってみることに。

程なくして吸収され集団は1つになり、、そこからは皆さんかからず様子見であるかのように淡々と進む。

そのまま2周目に入る。

2度目の大仏通りの登り返しでアタック。後ろから車が来ていたので参加せず終了。

ただ、前方は見えていたので頑張ってブリッジをかけた。幸い信号で全員集合することができ、一路ゴールへ。

そこから皆さんの掛け合いが始まった。自分も3回アタックをし、メンバーの脚を削る作戦にした。

しかし、もう脚がだいぶ終わっていたのでアタックどころか単なるペースアップ止まりだったのな。

そして、最後はヤマモトさん、ナカヤさんを牽いて終了。

■その他

皆さん、1.5周になったフリーランにだんだん慣れてきた様子…

バリエーションを増やすなら周回を1周増やすか、フリーランを1.5から2.5周に変更するか…

これはまた楽しくなりそうだ。

それから最近メンバーの中で機材購入の流れが来ている。

この調子で何かポチッとしてみようかな...なんて。

============

今日もありがとうございました。

またお願いします。